最短2日で修理できるパソコンのキーボード修理の専門サイト

最短2日で修理できるパソコンのキーボード修理の専門サイト

パソコンのキーボード交換。新品と中古品の指定可能!

日本語用から英語用への交換も機種によって対応可能。

NEC・富士通・SONY・Panasonic・Lenovo・東芝・

DELL・HP・ APPLEなら在庫あり。

新品、中古指定もできます。

問い合わせお見積もり

EPSONプリンタ LP-S5000 エラーE300とE600

 

LP-S5000のエラーメッセージ

E300とE600の解決方法です。

 

 

■E300エラー

 

写真 14-06-09 17 01 19

「サービスへ連絡してください。E300」

 

 

■故障の経緯

 

用紙補充の際、トレーに白のコピー用紙でなく、カラーの用紙を入れてしまいました。

 

印刷時に気づいて強制的に印刷を止めようと、

トレーを引き出したら紙がつまってしまいました。

 

切れ端が残留していたので、紙を取り出してリセットすると

エラー「E300」が発生。

 

プリンタを再起動してもエラーが消えませんでした。

 

 

■対処方法

 

カバーの開閉や、内部のユニットを付け直して再起動してもエラーは消えません。

 

 

電源ON直後の音がいつもと違うのに気づきました。

 

 

通常、電源ONの後はメモリのセルフテストの画面となり

「ドキュ、ドキュ、ウルルローーン」と駆動音が聞こえていました。

写真 14-06-09 17 03 30

 

 

現状では電源ONしてもメモリのセルフテストまでは同じですが

駆動音がならずエラーメッセージが表示されます。

 

1.電源ON → 2.メモリテスト画面 → 3.エラー「E300」

 

 

「E300」のエラーはユニットBが原因とあるため調査します。

写真 14-06-09 17 01 28

手前のユニットは上向きに取れます。

 

 

 

写真 14-06-09 17 01 37

コネクタの接続用カバーを引き抜いてみたら

(画面中央、左にある上向で立っているコネクタ)

 

 

 

写真 14-06-09 17 01 47

ケーブルが抜けていました。

 

白いコネクタが抜けていたのがエラーの原因のようです。

(黒のコネクタは正常に入っています)

 

紙を除去していた際、抜けたのでしょうか?

 

 

再発防止のために、コネクタが抜けないようにテープで補強。

 

電源ONすると「ドキュ、ドキュ、ウルルローーン」と駆動音がなり正常に起動。

エラーE300の表示は消滅しました。

 

 

■E600エラー

 

「サービスへ連絡してください。E600」

 

EPSONのFAQでは感光体の取りはずし、再取り付けとなっています。

http://faq.epson.jp/faq/01/app/servlet/relatedqa?QID=030720

(EPSONサービスへの依頼の場合、出張費用35,000円~)

 

 

以下の手順で解決しました。

 

1.電源をOFF

 

2.蓋を開けて感光体ユニットを取り出す

 

3.感光体が収まっている箇所のセンサを清掃

2

凸になっているプラスチック部分の箇所

 

4.感光体を裏返して、ゴムローラー上にある銀色の箇所を清掃

1

汚れがありました。

 

清掃して復旧しています。

 

 

↑ PAGE TOP

無料見積り 来店持込