最短2日で修理できるLenovo・IBMのキーボード修理専門サイト【Lenovo・IBMパソコンのキーボード修理館】

最短2日で修理できるパソコンのキーボード修理の専門サイト

Lenovo・IBMのキーボード交換修理専門

パソコンのキーボード交換。新品・中古品の指定も可能!

Lenovo・IBMパソコンの日本語キーボード用から

英語用への交換は機種によっては対応可能です。

問い合わせお見積もり
クリックでお問い合わせフォームへ

Lenovo・IBMのキーボード交換・修理


Lenovo・IBMのキーボード交換・修理ならお任せください!

パソコンのキーボード交換。新品と中古品の指定もできます。

日本語キーボード用から、英語用への交換は機種によっては対応可能です。

Lenovoのキーボード修理費用


Lenovo

【機種名】
X1 X100e X121e X200 X200s X201 X220 X220i X220t X301 シリーズ
R400 R500 SL300 SL400 SL500 シリーズ
W500 W700 W700ds W510 W520 W701 W700 シリーズ
Z60m Z60t Z61m Z61p Z61t シリーズ
Edge11 Edge13 Edge15 E220s E420 シリーズ
L412 L420 L512 L520 T510 T510i T400 T500 L412 L512 L520 T510 T510i T520 T520i シリーズ


・新品 料金:18,800円~ 納期:1週間~

・中古 料金:15,000円~ 納期:1日~2週間



Lenovo・IBMキーボード交換・修理について


●Lenovo・IBMキーボード故障の原因、症状

  ・水やジュースをこぼした。
  ・キーが壊れた。外れた。
  ・キーが入力できない。
  ・特定のキートップが破損した。
  ・キーが入りっぱなし。


●キーボード交換の修理

入力ができない。または、特定のキーが入りっぱなしになってしまうのは、キーを検知する基盤がショートしていることがほとんどです。

キーがおかしい症状でしたら、95%以上はキーボードの交換で完了致します。
キーボードの交換・修理をした場合パソコンのデータはそのまま保存されます。
ご安心ください。
メーカーが同じでも機種ごとに使用する部品は異なります。

※キーの一部だけの交換、修理はできません。

※水やジュースが入ってしまった場合はマザーボードなど他の部品も交換になることがあります。
すぐに電源を切ってから(アダプターとバッテリーを外して)水滴を拭き取り、ドライヤー等で乾かしてください。
正常に動作した場合でも 時間が経つと腐食が進みキーボードが故障する可能性があります。


●Lenovo・IBMキーボード修理の費用と期間

  即日~2週間

  15,000円~

*新品、中古品の在庫状況によって異なります。
*部品の在庫状況、費用、修理期間についてはお問い合わフォームより入力ください。
*在庫状況によって異なります。お急ぎの場合は【事前の部品手配】をご利用ください。
*お問い合わせフォームに「事前の部品手配希望」と入力ください。
*最新のパソコン機種。もしくは珍しい・古い場合、キーボードの部品が入手できないため修理ができないこともあります。




Lenovo・IBMキーボード交換対応機種


過去に交換を実施もしくは、キーボードの型番が判明している
Lenovo・IBMのパソコンキーボード一覧です。

こちらに記載がないものでも、大抵のものは修理可能です。
まずは、一度、お問い合わせください。

*機種によっては、現在は対応できないものもあります。

*古い機種は記載しておりません。(古いほど中古品で交換&在庫があります)


●Lenovo・IBMのキーボード機種、型番

・IdeaPadシリーズ

・IdeaPad Sシリーズ

・Lenovo3000シリーズ

・Edgeシリーズ

・Gシリーズ

・Lシリーズ

・Rシリーズ

・SLシリーズ

・Tシリーズ

・Wシリーズ

・Xシリーズ

・Zシリーズ




↑ PAGE TOP

無料見積り 来店持込