最短2日で修理できるパソコンのキーボード修理の専門サイト

最短2日で修理できるパソコンのキーボード修理の専門サイト

パソコンのキーボード交換。新品と中古品の指定可能!

日本語用から英語用への交換も機種によって対応可能。

NEC・富士通・SONY・Panasonic・Lenovo・東芝・

DELL・HP・ APPLEなら在庫あり。

新品、中古指定もできます。

問い合わせお見積もり

キーボードを日本語から英語用(他言語用)への変換・交換


「日本語から英語用(韓国語、フランス語などの多言語)の変更をしたい。」
または、「海外で買ったモデルを日本語用のキーボードに交換したい。」
というご依頼があります。


どちらも交換は可能です。
ただしキーの個数が英語用の方が少なかったり、エンタキーが
小さくなってしまいます。(慣れるまでは不便)


■日本語用と英語用キーボードの違い


表面


裏面
本体側に指すコネクタの形状は同じです。


半角/全角キーが無い。


エンターキーの形状が小さい。


スペースキーが大きい。いくつかのキーが無い。(上が英語用。下が日本語用)


DELL、HP、SONY、APPLEなら変換も対応可能ですので
ご希望の方は、一度、お問い合わせください。

ただし、海外にも展開しているメーカーに限ります。
(NECや富士通。SHARP、東芝、日立などは入手ができません)


英語キーボードの設定方法


元が日本語のキーボードから英語キーボードに変更する場合
ハードウェアとしての変更になりますが、
日本語OS上では問題なく使用することができます。


ただし、キー配列が、
日本語キーボードはJIS配列、 英語キーボードはASCII配列
となっているため 一部のキーは正しく動作しません。


すべてのキーを正しく認識させるには配列の設定変更が必要です。

*XPでの設定変更方法となりますが、基本的には他のOSでも同じです
*日本語キーボード設定に戻す場合も、同じ手順です。
手順12で、「日本語PS/2キーボード(106/109キー)」を選択します。


1.タスクバーの「スタート」メニューかデスクトップの「マイコンピュータ」から
「コントロールパネル」→「キーボード」の順番に選択する。


2.「キーボードのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、
「ハードウェア」タブを選択する。


3.「プロパティ(R)」ボタンをクリックする。


4.「106/109日本語キーボードのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、「ドライバ」タブを選択する。


5.「ドライバの更新(P)」ボタンをクリックする。


6.「ハードウェアの更新ウィザードの開始」が起動されたら 「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)(S)」のラジオボタンにチェックを入れる。


7.「次へ(N)」ボタンをクリックする。


8.「検索しないで、インストールするドライバを選択する(D)」のラジオボタンにチェックを入れる。


9.「次へ(N)」ボタンをクリックする。


10.「互換性のあるハードウェアを表示(C)」のラジオボックスのチェックを外す。


11.「製造元」のスクロールリストから「標準キーボード」を選択する。


12.「モデル」のスクロールリストから「101/102英語キーボード」
またはMicrosoft Natural PS/2キーボード」を選択する。


13.「次へ(N)」ボタンをクリックする。


14.「デバイスのインストールの確認」が表示され、「はい(Y)」をクリックして、インストールを開始する。


15.インストール完了したら、「完了」ボタンをクリックして、ウィザードを閉じる。


16.101/102英語キーボードまたはMicrosoft Natural PS/2キーボードのプロパティウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックする。


17.「システム変更」ウィンドウが表示したら、「はい(Y)」ボタンをクリックして再起動する。


DELL、HP、SONY、APPLEなら変換も対応可能ですので
ご希望の方は、一度、お問い合わせください。

ただし、海外にも展開しているメーカーに限ります。
(NECや富士通。SHARP、東芝、日立などは入手ができません)



↑ PAGE TOP

無料見積り 来店持込